RSS Feed

Archive for the ‘M.Hayashi’ Category

新入社員205日目

2021 年 2 月 15 日 by mirei_hayashi No Comments »

OJT研修144日目

内容
・顧客サイトメンテ


本日は先週に続いて、サイト掲載画像の調整やサイトのコーディングを行っていました。

画像の調整では、トリミングやサイズ変更をしたほか、明るさの変更にPhotoshopで「アクション」という機能を初めて使いました。

一連の作業を記憶させておき、それらを1クリックで再利用できるというものです。

画像1枚ごとに何度も行うであろう同じ動作を省略できるため、
今回のように多くの画像を加工する場合には、とても効率の良い機能だと感じました。

また、コーティングの際には、扱う画像が多いことで、ヌケやキャプションの付け間違いがないよう、より気を使う必要がありました。

今回に限らず、集中しがちな作業途中に、こまめに状況を確認するようクセ付けたいです。



休日、祖母がさつまいもをたくさん焼いてくれたので、「さつまいもマフィン」にアレンジしておかえししました。

さつまいもを使ったお菓子は、スイートポテトやタルト、プリンなど様々ありますが、
ほとんどの場合、“裏ごしする”というひと手間が必要で、私はあまり作りません。

今回のマフィンは、粗く潰したイモを混ぜて焼き上げるもので、ボリュームのあるイモの裏ごしで手首を傷める心配がない点が嬉しいです。

また、最近、オーブンで膨らむタイプの焼き菓子を作っていて分かったのは、生地を混ぜる「器具の使い分け」の重要性でした。

「泡立て器」と「ゴムベラ」はどちらもよく使う道具ですが、それぞれの役割と使いどころを知っておくことで、焼き上がりの膨らみ具合や食感をある程度操作できます。

お菓子を美味しく作るために、省ける手間と省かないほうが良い手間があるのだということを実感します。

0
 

新入社員204日目

2021 年 2 月 12 日 by mirei_hayashi No Comments »

OJT研修143日目

内容
・顧客サイトメンテ


本日の顧客サイトメンテでは、Webサイトのコーディングのほか、Photoshopでの画像加工を多く行いました。

普段の業務ではPhotoshopは、illustratorソフトに比べると使用頻度が少ないため、フォトレタッチは未だ不慣れな部分がありますが、今回は学びの良い機会になりました。

やや傾いて撮られている写真の角度を直したり、特定の色味を取り除いたりする方法を都度調べながら実践していくことで、
レタッチの大まかな流れが掴めてきたように思います。

その一方で、画像の彩度やコントラストを過度に調整すると、レタッチ前より画像の質が下がってしまうこともあるそうで、その“加減”は難しいと感じます。

手本となるような画像と見比べながら、彩度やコントラストの補正を行っていき、今後は、“ちょうど良い”と判断できる目と感覚を身に着けたいです。



【〇〇な人におすすめしたい映画】
・サメ映画が好き ・ハラハラしたい ・ダイナミックな映像が観たい


私が定期的に観ている映画に、『MEG ザ・モンスター』(2018)というものがあります。

映画では、数百年前に絶滅したとされる怪物級の巨大サメと、それに立ち向かうレスキューダイバーの死闘が描かれます。

作中に出てくるメガシャークは、私が観たサメ映画の中では最も巨大で、
この映画の一番の見どころは、怪獣サイズのサメとの戦闘や、世界観・スケールのダイナミックさだと思います。

“アメリカ人は巨大なものが好き”という説を耳にしたことがありますが、「ゴジラ」のハリウッド映画化や、『ランペイジ-巨獣大乱闘-』(2018)など巨大なものが登場する映画がヒットしている点を考えると、有力な説のように思います。

私は、『ジョーズ』をはじめとした、いわゆる“サメ系映画”にはあまり詳しくないのですが、「パニック映画」の代表格と言っても過言ではない、有名で歴史のあるジャンルだと捉えています。

日本人の感覚で制作された“サメ映画”は、どのような演出になるのかが気になります…。

0
 

新入社員203日目

2021 年 2 月 10 日 by mirei_hayashi No Comments »

OJT研修142日目

内容
・スタンプ制作
・インターンシップ準備


本日は、スタンプ制作に引き続き取り組んでいました。

これまでのクールなイメージとは少し違うタッチのイラストを制作することになり、人物ポーズ選びや文字フォントから改めてブラッシュアップしていました。

「目上の人にも送りやすいこと」と「親しみやすいこと」を両立させるような絵柄にするためには、いくつかの点で工夫が必要ではないかと思います。

isonoさんから提案していただいたイメージをもとに、自身でもイラストを試作していると、
イラストのタッチはもちろん、テキスト(フォント)の「色」の選択もスタンプの印象に大きく影響するものだと感じました。

線の太さや色などとの組み合わせは無数にあるので、作りたいイメージに合うものを一つずつ選択していき、
トークの間につい押したくなるようなスタンプを目指したいです。



本日は午後から、社内でインターンシップ(仕事体験)が開催されており、本社の1年目3人も途中参加しました。

私はデザイン課として、今年のリクルート活動で学生に配布される、チラシやチョコレートのデザイン制作に携わらせていただいていたこともあり、
会場設営時から、本日仕事体験をした学生さんたちはコムテックスにどのような印象をもっているのか、また、体験後変化はあるのかということが特に気になっていました。

また今年は、会場に足を運ぶ以外に、リモートでの参加や、距離を取った机の配置などもあり、私が就活生だった頃とは状況が少し違いますが、
参加された学生さんの“まなざし”で、真剣に課題に取り組んでおられることが伝わってきました。

学生さんの様子を見て、自分が1年前とは別の立場で会場にいると考えると、感慨深い思いでした。

今年の1day仕事体験の開催は、残り4回です。
“未来の後輩”がいるかもしれないこのイベントのサポートに力を尽くしたいです!

0
 

新入社員202日目

2021 年 2 月 8 日 by mirei_hayashi No Comments »

OJT研修141日目

内容
・SEMキーワード調査
・スタンプ制作


本日は、SEM業務に関連して2×2マトリクス表の作成のほか、スタンプの制作に取り組んでいました。

使用するフォントを新たに探したり、線の太さやバランスを調整したりして、より良いデザインになるように手を加えていきました。

スタンプ制作は、少し期間が空いてしまいましたが、
それによって、以前の制作状況を客観的に見直せたことが良かったです。

縁取り線の角を丸く太くしたり、手書き風のフォントを使ったりすると、同じイラストでも、印象が大きく変わります。

明日はイラストの「線」にこだわって制作を進めてみたいと思います。



昨日は、食後のデザートに「クリーム白玉ぜんざい」を作り、母と食べました。

白玉団子は、今回のように煮あずきとホイップクリームを添えた白玉ぜんざいにするのも良いですが、
甘いきなこをまぶしても、アイス&フルーツと一緒に盛ってあんみつにしてもおいしくアレンジできて楽しいです。

これまで何度も作って気づいたのは、市販の白玉と手作り白玉では、美味しく食べられる“期間”に違いがあることでした。

手作りの場合、やわらかくて美味しいのは冷蔵庫で保存して1~2日間ほどだけですが、市販のものはこれより長期間の冷蔵保存に耐えられる印象です。

団子に含まれている水分に一工夫あるのではないかと考え、最近、白玉粉に水の代わりに“絹ごし豆腐”を混ぜて、弾力と食感を出す方法を編み出しましたが、
団子生地の水分量を毎回同じにすることが難しいです。

うどんを作る時などと同様、手の感触だけで丁度良い生地の具合が分かるようになるまで、「白玉団子づくりを極めたい」というのが密かな目標です…!

0
 

新入社員201日目

2021 年 2 月 5 日 by mirei_hayashi 2 Comments »

OJT研修140日目

内容
・顧客資料パワポ化  ・会社パンフレットメンテ
・リクルートタスキ入稿データ作成


本日は昨日に続いて会社パンフレットの内容更新を行ったほか、マニュアル資料のPowerPointデータ化に取り組みました。

PowerPointソフトでのデザインはあまり経験がないため、
普段よく使っているillustratorソフトではワンクリックで出来ることに時間がかかったり、作りたいオブジェクトが作れなかったりと、
作業中illustratorソフトとの機能面の違いで戸惑うことが何度もありました。

挿入したでの色変更や文字の入力など、グリッドの使い方については、今回初めて知ったことがほとんどでした。

機能をうまく活用すれば、デザインソフトでなくてもある程度整った資料を作ることができることを実感したので、
次の機会には今回の学びを活かして、より完成度の高いものを作りたいです。



【〇〇な人におすすめしたい映画】
・Jホラーの演出が好き ・すっきり問題が解決する物語の方が良い


先日、『呪いの怨恨-エコーズ・オブ・フィアー-』(2018)という映画を観ました。

レンタル店で見つけ、「Jホラーに影響を受けた」というコピーを見て思わずレンタルしました。

映画は、譲り受けた事故物件で主人公が様々な怪奇現象を経験するという、“お化け屋敷ホラー”の典型的なものですが、
心霊現象が起こる様を見せるだけでなく、屋敷の謎に迫っていくサスペンス要素があり、予想外の展開が用意されている面白い映画でした。

パッケージのコピーを見て、どの部分がJホラー的なのかを探しながら観ていくと、
『リング』の貞子を想起させる、「黒髪」・「白」・「女性」・「手」のモチーフが多く使われていることに気が付きました。

比較的新しい映画にもかかわらず、古いフィルムで再生しているような画面の質感からも、古いJホラーにインスパイアされた作品であることが感じられました。

日本人の「怖い」と感じる感覚が、多文化の人にも共通していることが分かる映画でした。

0
 

新入社員200日目

2021 年 2 月 4 日 by mirei_hayashi 2 Comments »

OJT研修139日目

内容
・SEMリサーチ
・マニュアル資料パワポ化


本日は、SEM業務として、検索キーワード/クエリをリスト化し、分析などを行ったほか、
マニュアル資料のPowerPointデータ化に取り組んでいました。

キーワード/クエリの分析で、Google検索経由とYahoo検索経由では、クエリの傾向に少し違いがあることが分かりました。

検索ワードの数値などから、サービスを必要としている人の心理や状況を想像し、
広告を表示するキーワードを選んだり、除外したりする手法は、とても興味深いと感じます。

コンテンツマーケティングに関しては勉強を始めたばかりなので、
まずはリサーチから検証までの流れと、その手法を把握することを目指したいです。



私は缶タイプのエナジードリンクが好きで、最近は「モンスターエナジーウルトラ」を箱買いして頻繁に買いに行かなくて済むようにしています。

決して体に良さそうではないドリンクの色と味も好きですが、缶のザラザラした手触りと、アルフォンス・ミュシャのポスターのような美しい柄に惹かれます。

エナジードリンクには、瓶タイプのものもありますが、缶タイプのドリンクは、海外ブランドや海外製品風の英語表記デザインの商品が多いことに気が付きました。

黒、赤など奇抜で目を引く色が使われていることも多いと思います。

ドリンクの効果を視覚的に表現しているような、刺激的でパワーを感じるパッケージだと、陳列棚で他の飲み物と並んでいても目に入りやすいです。

缶のデザインやカロリーも気になる女性をターゲットにした、ゼロシュガーのエナジードリングがもっと増えてくれると嬉しいです…!

0
 

新入社員199日目

2021 年 2 月 3 日 by mirei_hayashi No Comments »

OJT研修138日目

内容
・SEMリサーチ
・会社パンフレットメンテ


本日の会社パンフレットメンテでは、会社概要や実績数などを最新の数字に更新する作業を行いました。

私も就職活動中にいただいた会社パンフレットは、出来上がりが立派な冊子になるものなので、作成データを書き換える作業はいつもより緊張します。

デザインデータ内の数字を書き換える際に、0から1のように、一文字の幅と形状が変化することで、字間の調整が必要な場面がありました。

以前のチラシ作成などでも、数字の字間調整は何度か経験しましたが、未だ感覚が掴めていないように感じます。

フォントやデザイン物によって、“ちょうど良い字間”は一定ではないという点が、難しいです。

今回のような数字の場合だけでなく、フォントの字間調整に関しては、今後も「読みやすくすること」を意識して経験を積んでいきたいです。



昨日、突然チョコレートケーキを焼きたくなったので、家にある材料でできる「ブラウニー」を作ることにしました。

以前、溶かしたチョコレートを混ぜ込んで作ったことがあるのですが、今回はチョコレートが足りなかったため、
買ってあった“ココアパウダー”で代用しました。

ココアパウダーは、チョコレートと原料が同じなだけあり、他の材料と混ぜて粉末から液体になると、見た目では溶かしたチョコレートと見分けがつかなくなります。

チョコレートを材料に使ったものと比べると、カカオの味と香りを残して、ビターに焼きあげることができました。

ココアパウダー自体は無糖で、加える砂糖の量によって甘さの調整がしやすい点は、甘いものが苦手な人や、糖質を制限している人にも嬉しいメリットではないかと思います。

家にお客さんが来た時などに手作りお菓子をサッと出せると素敵だと思うので、お手軽で美味しくできるお気に入りレシピを今後も増やしていきたいです。

0
 

新入社員198日目

2021 年 2 月 2 日 by mirei_hayashi No Comments »

OJT研修137日目

内容
・リクルートチラシ作成  ・リクルートサイト修正
・SEMリサーチシート記入


本日はリクルート関連業務で、昨日に続いてチラシ作成を行っていました。

既にレイアウトが完成しているチラシに、イラストを含んだ新たな要素を追加するため、
ページ全体で上下の間隔を少しずつ狭めて余白を確保するという手段を取りました。

isonoさんにもご相談しながら、情報のブロックを意識して、元のレイアウトより間隔を詰められそうな箇所と、これ以上狭められない箇所を見分けてレイアウトの微調整をしていくと、
結果的には、余白が取れそうに見えなかったページにテキスト3~4行分ほどのスペースを確保できました。

今回のチラシは、元あるレイアウトを活かして制作していきましたが、
ブロックを意識した整列のほか、数字の微妙なサイズ調整、情報の関連性を考慮したレイアウト方法など、新たな学びは多くありました。

今後のデザイン物制作の際にもぜひ活かしたいです。



先日、私の大好きなゲームシリーズ『バイオハザード』の続編が発売されることを知り、すぐに予約注文しました。

(PS5クオリティで遊ぶことができれば理想的でしたが、発売日まで本体を手に入れられそうにないため、PS4ソフトを予約しました…)

今作は、ゲームの路線が大きく変化した前作「バイオハザード7」の続編となるそうですが、
ゲームのタイトルは「バイオハザード8」ではなく、タイトルロゴの「VILLAGE」の字に“Ⅷ(=8)”が含まれているデザインであることが、とても意味深です。

バイオハザードシリーズは、これまでの三人称サバイバル・アクションスタイルの方が個人的には好きでしたが、
クラシックなアメリカホラー映画のような画面で、一人称視点の新しいプレイスタイルでは、より没入感と恐怖を味わうことができるのだと思います。

発売日の5月まで、新作ゲームをプレイできる“期待感”を日常生活の活力の一つにします…!

0
 

新入社員197日目

2021 年 2 月 1 日 by mirei_hayashi 2 Comments »

OJT研修136日目

内容
・リクルートチラシ作成
・SNSアイキャッチ画像作成


本日は、リクルートチラシの作成を行っていました。

今回のチラシは、前年度のイメージを引き継ぐ形で作成するため、会社説明会の開催日時の更新のほか、QRコードのリンク先変更などが主でしたが、
ある新しい項目を追加する際には、
既にレイアウトが完成されているものに手を加えるのは、一からチラシをデザインするのと同じくらい難しい場合がある、ということを実感しました。

テキストのブロックや文字の装飾、要素間に必要な余白を取ることも考慮すると、新たに情報を加えるスペースはほとんどないようにも見えました。

明日は、1pt単位でオブジェクトを移動させたり、サイズ・行間等を調整したりといった工夫で、チラシ作成の仕上げに取り掛かりたいと思います。



先日、スターバックス公式の「インスタント」の抹茶ラテを初めて飲みました。

一箱4杯分入りのパッケージデザインが上品で、毎日飲むには少し贅沢な気がする商品です。

パッケージに記載してあるつくり方では、注ぐお湯の温度は「85度」とあったため、それに従って、温度計でお湯を測って正確に作ってみました。

結果、インスタントでも、ラテのふんわりしたが再現されていて味はとても美味しかったのですが、お店から買ってきたラテと比べると、少し“物足りなさ”も感じました。

(今回の場合は、ラテを飲むことよりTVゲームの方に集中していたから、という理由も考えられますが)
お店で買ったラテでは、専用のコーヒーマシンで作られていること以外にも、価格や、季節で変わるオリジナルカップのデザイン、店員さんの接客などで、一杯の“価値”がより高まって感じるのではないかと思います。

インスタントとテイクアウトでは、それぞれに別の楽しみ方がありそうです。

0
 

新入社員196日目

2021 年 1 月 29 日 by mirei_hayashi No Comments »

OJT研修135日目

内容
・社員ICカード作成  ・名刺作成
・リクルートサイト追加更新  ・SNS投稿画像作成


本日は、リクルートサイトの追加更新を行いました。

数日、リクルートサイトの更新作業に取り組んだことで、サイトのコーディングのほか、
「どこにどのような情報があるのか」といったサイト全体の構造とその内容についても理解を深めることができたと感じます。

また、テスト環境での確認の際、画面が思い通りに更新されていないことがありましたが、
今回、Ctrl+F5でページを強制的に最新の状態にできることも知りました。

新入社員のインタビューページの画像など、この後、同サイトで、追加で更新を予定しているものもあるので、
今回の一連の作業手順や注意する点などは、今後のために新たにメモとして残し、困ったときに確認できるようにしておきたいです。



【〇〇な人におすすめしたい映画】
・ディストピア映画が好き・ゾンビ映画には怖さを求めない

私の印象に残っている映画に、『ディストピア-パンドラの少女-』(2017)というものがあります。

謎のウイルスによって人類のほとんどが狂暴な“ハングリーズ”となった世界を描く、SFホラーです。

映画では、狂暴なゾンビvs人間の構図が一般的ですが、本作では、それに加えて、「ウイルスと共生できる子供たち」が登場する点が珍しいです。

(やや映画のネタバレになりますが)作中では、生き残るためにどのような無慈悲な手段も使う人間たちに対して、その“次の世代”となる特異体質の子供たちの“純粋な行動”が際立っており、
現人類の滅亡が、絶望的な“世界の終わり”ではなく、希望の光を含んだ“始まり”であるともとれるような演出がなされています。

目に見える利益やモノにではなく、地球に生きる“種”への目線がある物語は、現実世界での戦争や環境汚染などの問題を提起しているようにも感じます。

派手なアクションやコミカルな映画は観ていて楽しいですが、“作者の意図を感じる映画”は深く考察していくととても面白いです…!

0